ダウンヒルシリーズ 開幕戦 十種ヶ峰(山口県) 井手川選手が3位で表彰台!

DSCF3267

開催日:2019年6月15日・16日
開催地:十種ヶ峰(山口県)
天候:曇り時々晴れ
コースコンディション:ウエット

DSCF3277

IMG_1580

6年目の突入したダウンヒルシリーズ。今では初めてダウンヒルに出場するライダーからプロのライダーまで、様々なレベルのライダー達が参加しており、
特に公式戦は西日本での開催がないため、ダウンヒルの普及に直結しているイベント言えるまでに成長した。
ここ十種ヶ峰では10月に公式戦の最終戦が行われることもあり、今回は多くのプロライダーも参加していた。
まだ梅雨に入ったという発表はないが、公式練習の前日から冷たい雨が降り始め、
練習日は雨が時折、強く降り続くこともあり、コース内には大きな水溜りもできるほどとなっていた。
翌日の決勝日には雨は止んでおり気温も上がった事で、コースも乾き始め刻々と状況が変化していった。
泥がタイヤやマシンにへばり付き転倒者も続出したが、これもマウンテンバイクの醍醐味なのか、この状況を楽しむように各ライダーの開幕戦がスタートした。

 

IMG_1661

レース当日、朝の練習では、
タイヤには泥と草が付きまといトラクションを失い滑りやすい状況に。

 

cbu7e-t9fof

ブースエリア近辺もご覧のようなグチャグチャのコンディションとなった。

 

DSCF3904

決勝終了後のレースバイク。
泥の重さでバイクも進みにくく、コントロールも難しくなる。

 

DSCF3278

練習走行が終わるたびにバイクを洗車して次の練習に備えるライダー達。
雨の日は準備や洗車にも時間が取られてしまう。

 

DSCF3980

PROクラスの表彰式。
井手川選手は開幕戦3位でレースを終えた。

 

DSCF3436

ブレーキングで掘れたコーナーに泥水が溜まってしまい、
そこに進入したバイクで水しぶきが上がるほど溝が深くなっている。
雨が降っていればタイヤへの泥付きも少なく走りやすいが、止めば一転して泥付きが多くなってしまう。

 


井手川 選手 レポート

DSCF3877

タイムドセッション 2位 2:05.461 決勝 3位 2:07.210

【タイムドセッション】
1日降り続いた雨でコースコンディションは悪化し、降りすぎた雨でコースの一部が川のように水が流れている状況だった。
ただ、泥も一緒に流れるため走りやすかったが、練習時間から時間も空いていたため、どんな状況に変化しているのかは予測しにくかった。
スタートしてから始めのシングルトラックで突然大きな水溜りが出来ていたが、即座に走行ラインを変更して避ける事ができた。
練習の時と比べてコンディションの悪化がすぐに理解できたが、基本的には練習の時と走るラインを変えず走ろうと決めた。
前半と後半で1箇所ずつミスしてしまいタイムを落としてしまったが、変化の大きな難しい状況の中では上手く纏められた走りだったと思う。
詰められる場所も多々あったため、翌日の決勝が楽しみなタイムドセッションとなった。

【決勝】
朝から雨が止み、晴れ間も見えてコースの状況が前日とは大きく変わって来ていた。
時間が経つにつれてコースが乾き始めて来ており、路面も重たくなっていた事もあり、リアのタイヤのみをマッド用のタイヤに変更してスタートした。
正直ギリギリまで悩んだ。前半のグチャグチャになったセクションではマッドタイヤの威力を発揮したが、残りのセクションでは路面も乾き始め、逆に木の根や石がマッドタイヤのスパイクで滑ってしまい思うようにスピードに乗せる事が出来なかった。
中間エリアの計測地点までも前日よりも3秒ロスしてしまい、後半でもタイムを詰められず落とす結果となってしまった。
最終的にはミスを重ねて焦る走りとなってしまった事で、3位で開幕戦を終えることとなった。
状況としてはタイヤ交換が裏目に出てしまったレースとなったが、
次回のレースに向けて良い情報収拾と経験に繋がったと感じた。

【次戦への課題】
状況の変化で迷いが出る悪い癖が出てしまった。
終わってからの結果でしかないが、状況をしっかりと読んで決勝での最高の走りに繋げたいと思います。
今シーズンは体調も良く、昨年よりもリズムよく乗れているので、次戦までに合わせられるように調整して行きます。
応援ありがとうございました。

 


 秋元 選手 レポート

DSCF3849

タイムドセッション 6位 2:16.204 決勝 8位 2:50.967

【タイムドセッション】
今季初のダウンヒルレースとなる。 朝から雨が降り続きマッドコンディションだった。所々コースが悪化しており、中盤進入スピードの変化に対応出来ずコースアウトをしてしまい、参考タイムは出なかったものの良い感覚を持って前日の公式練習を終えた。

【決勝】
時折雨が降るも練習を開始した頃には回復していた。練習時間も長く、コースコンディションも変化する為本数を絞っての練習とした。 ベテランの井出川監督と共に試走を重ねアドバイスを貰う。経験豊富な選手からのアドバイスは心強い。 練習時間から2時間空いてのレースだった為コンディションも大きく変化していた。 なるべく無駄なブレーキングをせず、綺麗なラインを走るように心掛けたが、序盤に大きくラインを外してクラッシュしてしまった。 レースは転倒してしまったが、コースサイドからの声援も多く楽しいレースだった。

【次戦への課題】
良いスタートは切れなかったが、今月末には公式戦の開幕が控えている為、少ない時間ではあるが切り替えて練習していきたい。 応援ありがとうございました。