Coupe du Japon MTB 第3戦・田沢湖スキー場(秋田県)井手川選手が優勝 永田選手も3位を獲得!!

webhedder

東北地方で行われるCJ1のダウンヒルレースとしては秋田県の田沢湖が唯一の開催場所となる。
関東では梅雨明けが発表されていたが、東北はまだ梅雨明けしておらず今年も不安定な天気が続いていた。
昨年は豪雨により予選がキャンセルされ決勝のみで行われたが、今年も公式練習日から雨が激しく降り続いていた。
コースはレースの時のみ走れる特設コースとなっており、常設コースとは違い路面も柔らかくコンディションも激しく変化していく。
試走を重ねるたびに状況は悪化し、転倒する選手も続出している状況となっていた。
そんな中でも井手川、永田はベテランの走りを見せ、予選からワン・ツーを獲得し決勝への期待が高まっていった。

36466279_1722712931182082_6620068444647718912_n

 

IMG_5738

大量の雨が降ったかと思えば急に雨が止み、日差しが見える時もある不安定な天候となった。
泥の中で走った後はメカニックがいつもよりも入念にバイクをチェックする。

IMG_5741

1本走るとバイクはこの状況になる。
雨が振り続けは泥は流れるが、雨が止んでしまうと粘土のようにバイクに付くため、バイクの重量も増し走りにくい状況となる。

36421917_1722711454515563_5191554994783911936_n

予選前は豪雨だった天候も、決勝前には天候も回復していた。
視界も良くなりスタート地点からは田沢湖が一望できた。

36432394_1722712504515458_8883104313686097920_n

決勝のスタート待つ井手川と永田。
お互いチームメイトとして、友人として仲が良いが、レースが始まればライバルとなる。
切磋琢磨してお互いのレベルを高めている。

 


 

井手川選手レポート

36383543_1722710384515670_3881056732134244352_n

予選2位 2:31:668 決勝1位 2:34:576

【予選】
午前中の練習時には止んでいた雨が予選前から急激に雨が強く振り始めた。
これによりコース状況の悪化が予想できたが、路面は柔らかく変化が大きかったため、どの程度悪化しているのかは実際に走ってみないと分からなかった。
スタートしてすぐの1コーナーでラインを外して大きく膨らんでしまったが、雨が降り続いていた影響から土が雨で流れスピードは維持しやすかった。
ブレーキングポイントでは溝が深く走りにくくなっていたが、予選のためラインを確認しながら落ち着いて走った。
全体的にペダリングも減らし体力を温存しながら決勝に向けて確実に走りゴールした。
タイムはトップとコンマ差だったため決勝では予定通りに走れば勝ちが見えると感じる予選となった。

【決勝】
予選から決勝までの間は約2時間ほど空いていた。その間も雨が降っていたが、決勝が始まる前には雨も止み青空が見えていた。
別のクラスのレースが行われていた事もあり、コースの状況は予選よりも悪化していると予想できた。
スタートして直後のハイスピードコーナーでは深い溝が無数できていたが、スピードをやや落として確実に思っているラインを走る事を心がけた。
何度かシングルトラックの区間があるが、その全ての区間で想像以上にコースは荒れていた。
2度ほど止まりきれずスリップして危ない箇所もあったが、なんとか持ち直し冷静に対処することが出来た。
全力を出しきると言うよりも、その場の状況を瞬時に見て判断してラインを変えて走るようにした事が功を奏し走りきることができ、結果的に優勝することができた。

【次戦への課題】
自分の考えた通りのレースプランで対応出来たことは良い傾向だと感じる。
この勢いをキープしたまま次戦の全日本選手権に照準を合わせていきます。
応援いただいた皆様ありがとうございました。
引き続き応援のほどお願い致します。

 


 

永田選手レポート

36394084_1722712714515437_4898733715204603904_n

予選1位 2:30:842 決勝3位 2:37:326

【予選】
昨年優勝したこの田沢湖での二連覇を目標に練習日から気合いを入れて乗りこみ、レース日前日のタイムセッションでは1位を獲得する事ができ、自身をもってレース日を迎える事が出来ました。 レース当日は前日夜に降り続いた雨でコースはかなり荒れていましてが前日からのラインも決まっており全く不安なくレースに集中する事が出来ました。 予選本場、第1シングルの出口でミスはあったものの自分のペースで走り問題なく予選1位を獲得する事が出来ました。 第1シングルに課題は残りましたが、集中して決勝を迎える事が出来ました。

【決勝】
予選から雨が止んでしまい、路面が重くさらに滑りやすい状態に。第1コーナーが深い溝になり多くの転倒者が出ていた。サスのセッティングも決まっており、荒れた路面は特に気にしていなかったが、スタート直後の第1コーナーでラインを外してしまい大きくミス、そして第1いちシングルで大きくバランスを崩してしまいストップしてしまった。ここからリズムが狂ってしまい、少し焦りも出てしまった。 後半は大きなミスなくゴールする事ができたが、完全優勝まであと少しの所で優勝を逃す非常に悔しいレースとなった。。 結果は終わってみれば3位、全く納得いく部分は無く悔しさだけが残るレースになった。

【次戦への課題】
今回この悔しさをバネに年に一度の全日本選手権に向けて集中していきたい。 昨年はこの田沢湖を優勝してからの全日本選手権だったので今年は3位という悔しさを晴らすべく気持ちを引き締めて次のレースまでの期間準備していきたい。 2015年から獲得出来ていない国内タイトルに向けて引き続きの応援よろしくお願いします!