【Team UKYOレースリポート】第86回 全日本自転車競技選手権大会ロード・レース

170630-01

2017全日本6

畑中選手、残り31㎞から飛び出し独走優勝‼

第86回 全日本自転車競技選手権大会ロード・レース

期日:2017年6月25日(日)

開催地:青森県階上町

1Day 距離:210km(1周14.0km*15周回) 出走119人 完走 20人

 

今週末は青森県階上(はしかみ)で開催された全日本選手権ロード男子エリートに参戦致しました。その名の通り、日本人で一番を決める重要なレースになります。

アップダウンが続き途中2つの厳しい上りがある14kmの周回コースを15周(210km)。5時間半にもおよぶサバイバルレースは完走率16.8%と稀にみる厳しいレースとなりました。

レースは畑中選手を中心に、平塚選手、平井選手、徳田鍛造選手、菱沼選手、中井選手、徳田優選手の7名で参戦。スタート直後に先頭集団で落車が発生したものの、幸いにもチーム右京が巻き込まれる事はなく7名のままレースは続きます。落車の影響もありレースの展開が予測しにくくなる中、若手が積極的なアシストを見せベテランをサポートしながら後半に向かいます。

2017全日本1

2017全日本2

チーム右京はメイン集団に畑中選手、平井選手、平塚選手、徳田優選手を残し、数位的優位な体制を保ちながら終盤を迎えます。残り4周回となるころで集団は逃げを吸収、再びアタック合戦が繰り返され、徳田優選手、平井選手、平塚選手が積極的に仕掛けます。残り3周回になると5名の逃げが形成され、ここに畑中選手を乗せる事が出来ました。

2017全日本4

2017全日本3

畑中選手はその勢いのまま2周回以上(約31km)を残してアタックを仕掛けます。これに誰も反応できず逃げグループとの差を広げていきました。集団との差を2分近く築き独走態勢のまま最終周回に入っていきます。後方の集団にはワールドツアーで活躍する別府選手(トレックセガフレード)を中心に強力な集団が出来上がって追走してきます。

しかし、全日本選手権に向けて全てを調整してきた畑中選手のペダリングは力強く、最後まで集団の追走を許すことなく1分43秒もの大差をつけて独走優勝を飾りました。

2017全日本5

2017全日本7

170630-08