2017年 伊吹山ヒルクライムに参戦してきました!

サイクリングインストラクターの平野由香里です!さて、今年で私の伊吹山ヒルクライムのレースの参戦は3回目となります。

1回目は、2015年で短縮コースの10.5km

10

2回目は、2016年のフルコースの15km

IbukiyamaHC-3

 

そして!今年はと言うと、
大会当日から一週間前に大会のHPで〝積雪のため短縮コースの10.5kmに変更〟となったのです。

「めっちゃザンネンーーー」(スゴイ棒読み)

短縮コースとなると、参加者の皆さんは
「上まで登りたかった、、、!」
「くぅ~今年は短縮なのか!」

と多くの声が上がる中、少しホッとしているのはきっと私だけ。。。かな?!

〜大会前日〜

GARNEAUさんのブースで受付にお越しになった皆さんへWAHOOのローラー台やサイクルコンピューターのデモストレーションをしたり、ウェアの販売やGARNEAU のR-1、A-1の展示を行っていました。

 

GENNIX R1

ジオメトリー、剛性、そして軽さという走行性能の三大要素。これらを勝利のために最高のバランスでまとめた最
高級ロードレーシングバイク、それが GENNIX R1。

gn-gennix-r1-elit

 

GENNIX A1

極限まで空力を高めたタイムトライアル・バイク
流体力学デザイン(CFD)を存分に利用し、あなたとバイクが作り出す全ての平方センチから、空気抵抗というタイムの邪魔を可能な限り削ぎ落としました。

gn-gennix-a1

沢山の参加者様がブースに遊びに来てくれましたね。
ありがとうございます!

17916202_1351799491607799_1748355422_o

久しぶりにお会いできた方、Facebook やInstagram でいつも見ていたいてる方が来てくださいまして嬉しかったです!

 

~そして当日~

今回は、天気がギリギリまで怪しく、そして風も結構吹いていてDNFでなく(それは免税店)DNSされる方も多くいらっしゃいました。

DNSというのは、エントリーしたけれどその日の体調や天候などの理由で、出走されないことをいいます。

これは、自転車乗りとして、大切な判断です。
現在の自分の体調を理解し、安全に楽しく自転車に乗ることを心がけて時としてDNSを決断しないといけないことがあります。

私は、サポートしていただいているGARNEAU スタッフさんと前日から相談し、体調も万全なので出走することを今回選択致しました!

 

一番はじめに出走するエキスパート、MTB、男子Hが役場前集合です。

その前に、毎年恒例になりつつある

【ウォーミングアップストレッチ】を担当しました。

17887530_1351799128274502_156555634_o

17902918_1351799101607838_1721824637_o

筋肉の温度を高めるアクティブストレッチをしてレースのコンディションをアップさせます。
肩、腰、股関節、そして攣りやすいふくらはぎもストレッチしました♬

このストレッチは身体を温めると同時に精神的にも「今からスタートするぞ!」という心の準備運動にもなります。

そして、いよいよ私達フェミニンクラスの集合時間になりました。

WAHOOのサイクルコンピューターをつけて準備も万全。

今回のルートもあらかじめ設定されているので現在位置の地図も見れちゃうんです。

17916287_1351799171607831_1339243363_o

17902020_1351799038274511_1502495919_o

 

集合場所から走って荷物を預ける場所へ

17901930_1351799221607826_1683759998_o

17902855_1351799434941138_1292883101_o

下山する時に着る上着などを袋に詰めてトラックに預けます。
実は、ここで一つ工夫致しました・・・♡

どんな工夫かは、後でお伝えしますね!

17916169_1351799371607811_1861155481_o

 

女性ライダーのカラフルなこと!
こんなに沢山、山好きの女性がいることに毎回驚きます。

お友達と写真撮影などを楽しんで、いざ出走ー!!
!スタート!

MCアリーさんの温かい応援の元フェミニンクラス一斉に走りだしました!

今回3回目の出走とだけあり、はじめからオーバーペースにならない様に気をつけました。

でも、どんどん抜かれると焦る焦る!!!

2kmか3kmした所へ、オレンジジャージの知り合いが来ました!

彼女は、トライアスロンの大会でアジア選手権なるものに出場したりしてすごーくストイックなライダーです。

そして、ヒルクライムだけのレースは今回が初めてとのこと!

前日に
「平野さん!実は私、最近勝尾寺(平野の家の近くの山道コース)で練習してるんですよ」

と話していました。

「これは、負けてられない!」

と思い私もペダルを回します。

彼女の後ろにぴったり着いて、そして、急な坂道に来た時に前へ!!!

そうすると彼女が次は前に!!

またしても私が前に!!!そして後ろを振り向くと10mほど私がリードすることが出来ました。

ほっと一息してペダルを回していると・・・

(気配が、、、!)

またしても彼女が上がって来ました!いや、私が下がったのか?!

そこへ、タイミングよく男子Cの3人ほどの集団が上がって来てその集団に私は乗っかることにしました。

やはり人の後ろに着くと早くペダルを回せます。しかし、ずっとそのトレインに乗っていられるほど体力もないので、その集団から外れました。

すると、次の男子Cの集団に乗ってオレンジジャージ彼女が!!!

そんな前の奪い合いのやりとりが8回ほど続きました。

これがその時の写真。

17916203_1351799674941114_1124848057_o

男子Hの知り合いの方が撮影してくれていました。

そして、その後・・・・・・・・・・。

 

 

 

力尽きました。

 

10.5km中8km地点ほどで、ペダルが回らなくなり(笑)

 

ええ、オレンジの彼女も見当たらなくなりました。_| ̄|○

自分の現状のレベル以上の相手をライバルとしてしまったことにこの時やっと気づきました。笑

 

それでもまだレースは、終わってません!!

今の自己ベストを!!!と思いペダルを回していくと、

 

MCの新田シンジさんの声が聞こえました!
「ゴールしたら止まらず、そのままお進みください」といい声が!

ただ、ここで「もうちょっとやー!」

と思ってはいけないことを知っています。

2年前の同じ10.5kmコースを走った時にアナウンスの声が聞こえてから、ゴールが凄く長く思えたので

「まだある、まだ漕がなあかんねんからね。」

と自分に言い聞かせながら走って行きます。

そして、遂にーー!!!ゴール!!!!

17902717_1351799228274492_1743836902_o

17858835_1351799194941162_1817520261_o

17901907_1351799118274503_219485472_o

17886819_1351799104941171_1738689445_o

17902495_1351799081607840_1172284739_o

後ろから同じフェミニンクラスの女性が迫って来ていたことを、後で知ります。

気になるタイムは、、、

 

52分19秒228!!!!

2年前の同じ距離の大会よりも6分も遅くなっていました。

確かに2年前はもっとヒルクライム練習してました。
今回練習不足がいかにレース結果に出るかを改めて体感致しました。

応援してくださった皆さん、すみません。完全に練習不足です。

よし!!!

「ほんまにやろぉ!」

最近グルメライドの仕事が多くて、山に行けてなかった。(いや、「行ってなかった」やね。)

次の6月の富士ヒルクライムに向けて、心を入れ替えて練習致します!!!!

 

そんな決意と、
やはり登りきった達成感と
ゴールでの仲間との再会で

「やっぱりヒルクライムはむっちゃ楽しい!」

それが今回の私の感想でした。

途中でライバル視したオレンジの彼女とも、、!

頂上について、自分の防寒着をトラックに取りに行きました。
実は、この袋の中にご褒美のおやつを忍ばせていたのでした!
ゴールで食べるおやつは格別!

そして今年は女性ライダーにお声がけ頂くことが凄く多かったです。

Facebook やInstagramやTwitterを見てくださってと言っていただけて嬉しかった!

17902634_1351799361607812_25853438_o

17916221_1351799481607800_1699530397_o

17886737_1351799334941148_475720845_o

17902721_1351799348274480_972091882_o

そんなこんなで、またヒルクライムの楽しみを再発見したレースとなりました。

ちゃんちゃん♬

 

告知

【5/6(土)葛城山ヒルクライム練習会】を行います!主催は、紀ノ川サイクリングクラブ!
良かったら一緒に練習しましょう!

17629916_1945023032385353_1766389265795480138_n

お土産に紀ノ川の美味しいものがあるかも?!
詳しくはこちら。

http://www.geocities.jp/kinokawashi_cycling_club/oshirase/oshirase.html#20170330