安全のためのオートライト、デイライト機能を搭載した「METEOR-X AUTO」 「ARCTURUS AUTO」を発売開始

moontop

サイクル用ライトのトップブランド「MOON」より、夜だけではなく日中の被視認性も高め、安全なライドを提供する、フロント用ライトの「メテオXオート」とリア用ライト「アークトゥルスオート」が登場しました。
これら2モデルの特徴は、内蔵のライトセンサーが周囲の明るさを感知し、自動で点灯/消灯するところ。オートモードにセットしておけば、ライディング中、トンネルなどに入った際には点灯、出ればオートで消灯。いちいちスイッチ操作を行う必要がないため、ライディングにも集中できるでしょう。

また日中でも視認性を高めるデイライトモードも搭載。通常よりも高い光量で点滅し、明るい日中でも周囲に強くアピールするため、安全なライディングを可能にします。また高い光量で点灯してもバッテリーの使用量が少なく、使用時間はメテオXオートで12時間と十分。通勤はもちろん、ロングライドにも対応可能です。
さらにメテオXオートは、バッテリーが劣化した際に別売りのバッテリーと入れ替え可能。充電式でランニングコストも抑えられ、さらに長期間使用することでエコロジカル。さまざまな面からライダーへのメリットを感じさせるタイトが登場しました。

meteor-x-auto

METEOR-X AUTO

メテオXオート

4300円+税

■カラー:BLACKのみ
■付属バッテリー:リチウムイオンバッテリー1400mAh
■連続点灯:7時間(100ルーメン) 4時間(180ルーメン) 2時間(320ルーメン)
■連続点滅:20時間(フラッシュ1/60ルーメン) 18時間(フラッシュ2/200ルーメン)
■デイライトモード:57時間(フラッシュ450ルーメン)
■S.O.S.モード:24時間(60ルーメン)
■充電時間:2.5時間
■重量:86g
■付属:ハンドルバーブラケット、USBケーブル
■ライトサイズ:88×30×34mm

meteor-x-auto02

サイクル用ライトでは珍しいバッテリー交換式で、長期間の使用が可能

従来のモデルより小型化、光量UP、照射時間が1.5倍になったサイクル用フロントライト。オートライト機能、デイライト機能などを搭載し被視認性を高めることで、安全なライドを提供する。別売りのバッテリーを準備することで充電池交換可能で長期間の使用が可能。
また高熱性の高いアルミヘッドを採用や、USB、エアロバー対応ブラケットが付属する。オプションの防水リモートスイッチ、ヘルメットブラケットも用意されており、拡張性も高い。

meteor-x-auto03

meteor-x-auto04

 


 

arcturus-auto01

ARCTURUS AUTO

アークトゥルス オート

3700円+税

■付属バッテリー:リチウムポリマーバッテリー280mAh
■連続点灯:3時間45分(10ルーメン) 2時間20分(15ルーメン) 1時間20分(35ルーメン)
■連続点滅:17時間 (フラッシュ1/10ルーメン) 5時間 (フラッシュ2/35ルーメン) 8時間 (フラッシュ3/35ルーメン)
■デイライトモード:1時間20分(70ルーメン)
■充電時間:2時間
■重量:30g
■付属:シートポストブラケット、USBケーブル
■ライトサイズ:57.5×28.5×19 mm
■シートポスト取付径:20~52mm

オートライト機能、デイライト機能などを搭載し被視認性を高めることで、安全なライドを提供する。 USBケーブル、エアロシートポストに対応したブラケットが付属。オプションの防水リモートスイッチ、サドル用ブラケットも用意されており、拡張性も高い。

arcturus-auto02

arcturus-auto03