【Team UKYO】2016 JAPAN CUPレースレポート

jc2016-01

期日:2016年10月22日(土)~10月23日(日)
開催地:栃木県宇都宮市 宇都宮市大通り周回コース(クリテリウム)/宇都宮森林公園(ロードレース)
クラス:UCI1.HC 総距離:182km

jc2016-d1-01

国内最高峰にして唯一、UCI最高クラスの1.HCの「ジャパンカップ」が栃木県宇都宮市で開催され、UCIランキングの国内上位5位チームが参加できるこのレースにTeam UKYOは今年も参戦致しました。

海外からランプレ・メリダやトレック・セガフレードなど世界トップクラスのチームと選手が来日し、サイクルロードレースファンも大勢押しかける一大イベントでもあります。

Team UKYOからは畑中、住吉、プジョル、プラデス、アベラストゥリ(クリテリウムのみ)、アラケ(ロードレース)の合計6選手でエントリー。同じタイミングにUAEで開催されUCIレースにも参戦するため選手を二つに分ける事になりましたが、クリテリウムをジョン選手で狙い、ロードレースは登りに強い畑中、プジョル、プラデスの3選手で表彰台を目指します。

jc2016-d1-02 jc2016-d1-03 jc2016-d1-04 jc2016-d1-05

【クリテリウム】

10月22日(土) 宇都宮市大通り周回コース
38.25km(2.25km×17Laps ※最初の2Lapはパレード)

土曜日には、宇都宮駅前の一般道を完全閉鎖しての特設コースにて、クリテリウムが行われました。25周年大会という事もあり昨年よりコースが延長されて、より大勢の観客の中を走る事になります。

例年ゴールスプリントとなるこのレース。2周のパレード走行後、リアルスタートと同時に各チームは激しいアタックを繰り返し、何度か小さな逃げ集団ができては集団に吸収され、を繰り返します。

jc2016-d1-06 jc2016-d1-07 jc2016-d1-08 jc2016-d1-09

7周目にようやく2名の逃げが集団から5秒程度先行する事に成功すると、メイン集団はようやくペースダウン。タイム差を10秒程度にまで広げながら周回を重ねます。しかし、フィニッシュが近づく残り3周ほどになると各チームが一気にペースアップ。逃げ続けた2名をキャッチするとそのスピードのまま残り2周が進み、いよいよラスト周回へ。トレック・セガフレードが集団先頭を牽き続けますが最終コーナーでアベラストゥリ選手は、そのすぐ後ろに位置取るとフィニッシュラインを前にスプリント開始!大集団のままゴールに流れ込んだ中で、優勝は完璧なアシストを受けたトレックの別府選手。そしてアベラストゥリ選手が、写真判定となるほどの僅差でしたが、その別府選手に続く2位!! そうそうたる顔ぶれの中、見事表彰台をゲットしました。

出走83名/完走80名

jc2016-d2-01 jc2016-d2-02 jc2016-d2-03 jc2016-d2-04

【ロードレース】

10/23(日) 宇都宮森林公園
144.2km(10.3km×14Laps)

昨年に続き短縮コースで行われたジャパンカップロードレースは、昨年同様に序盤に逃げが出来て一旦レースが落ち着くものの、フィニッシュが近づくと一気にペースアップという展開になりました。

アベラストゥリ選手の代わりにアラケ選手が出走し、昨日から連戦となる畑中、住吉、プジョル、プラデスの合計5人の選手で表彰台を目指します。

10時にスタートが切られると、スタート直後の宇都宮ブリッツェン堀選手のアタックをきっかけに4人の逃げができ、それに1名が加わり5名の逃げが形成されます。堀選手(宇都宮ブリッツェン)、井上選手(ブリヂストンアンカー)、ブレシェル選手(キャノンデール・ドラパック)、マルコス・ガルシア選手(キナンサイクリング)、ヒル選手(アタッキ・チームグスト)というメンバーのこの逃げを集団は容認。一気にタイム差が2分程度にまで開き、メイン集団をトレック・セガフレードやBMCレーシングがコントロールしながらこの形のまま周回を重ねていきます。

jc2016-d2-05 jc2016-d2-06 jc2016-d2-07 jc2016-d2-08

レースが動いたのはラスト3周。ランプレ・メリダが猛スピードで集団を牽引し始めると、ラップタイムを一気に1分以上縮めるハイペースで選手たちが次々と遅れていき、メイン集団の人数は30名程度まで絞られます。Team UKYOからは、ここにプジョル、プラデス、アラケの3選手。次々とアタックがかかりプジョル選手も積極的に応戦しますが、このタイミングは決定的となる可能性があるためチェックが激しくなかなか決まりません。しかし最終周回にキャノンデール・ドラパックのヴィッレッラ選手が単独抜け出すことに成功すると、集団との差をみるみる広げて逃げ続けます。これを追う6人の追走集団にTeam UKYOからはプジョル選手とプラデス選手。このまま捕まえる事ができれば有利な展開ですが、なかなかヴィッレッラ選手との差が縮まりません。そして最後までこのリードを守り切ってヴィッレッラ選手が独走優勝。続く追走集団は先頭から14秒差の小スプリントとなり、プジョル選手が5位、プラデス選手が7位でフィニッシュしました。

この結果、UCIポイントでプジョル選手が85P、プラデス選手が60P、21位のロドリゴ選手と28位の畑中選手が、それぞれ5Pを獲得し、合計155Pを獲得する事ができました。

jc2016-d2-09 jc2016-d2-10 jc2016-d2-11 jc2016-d2-12

二日間に渡るジャパンカップでしたが、初日のクリテリウムではアベラストゥリ選手が見事表彰台に立つことが出来ました。2日目のロードレースではプジョル選手とプラデス選手が最終局面の展開に絡み、上位でフィニッシュする事ができました。2日間で13万5千人という大勢の観客の方々に、Team UKYOの存在感を示す事が出来たと思います。またUCIアジアランキングでも、NIPPO – VINI FANTINIを抜き5位となりました。

今週末はJ Pro Tour最終戦の大分クリテリウム/ロードレースが待っています。チーム総合優勝目前ですが、一つでも多くの優勝を狙いチーム一丸となってがんばって参ります。引き続き、応援のほど宜しくお願い致します。

 

【クリテリウムリザルト】

1位 別府 史之(トレック・セガフレード) 0:43’04” 0’00”
2位 ジョン・アベラストゥリ(チーム右京) 0:43’04” 0’00”
3位 マヌエーレ・モーリ(ランプレ・メリダ) 0:43’04” 0’00”
23位 ベンジャミン・プラデス(チーム右京) 0:43’08” +0’04”
48位 住吉 宏太(チーム右京) 0:43’18” +0’14”
62位 畑中 勇介(チーム右京) 0:43’35” +0’31”
73位 オスカル・プジョル・ムニョス(チーム右京) 0:44’11” +1’07”

【ロードレース リザルト】

1位 ダヴィデ・ヴィッレッラ(キャノンデール・ドラパック) 3:46’43” 0’00”
2位 クリストファー・ユール・イェンセン(オリカ・バイクエクスチェンジ) 3:46’49” +0’06”
3位 ロバート・パワー(オリカ・バイクエクスチェンジ) 3:46’57” +0’14”
5位 オスカル・プジョル・ムニョス(チーム右京) 3:46’57” +0’14”
7位 ベンジャミン・プラデス(チーム右京) 3:47’00” +0’17”
21位 ロドリゴ・ロレンテ・アラケ(チーム右京) 3:48’02” +1’19”
28位 畑中 勇介(チーム右京) 3:50’26” +3’43”
51位 住吉 宏太(チーム右京) 3:56’43” +10’00”

レポート:Team UKYO
Team UKYOへのサポートアイテムなど詳しくはこちら→http://garneau-japan.com/ukyo/