【Team UKYO】「JPT第14戦 藩庁門タイムトライアルinやまぐち & JPT第15戦維新やまぐちクリテリウム」レースレポート

「JPT第14戦 第1回藩庁門タイムトライアルinやまぐち」

期日:2016年8月27日(土)
会場:山口県山口市 山口県庁敷地内特設コース
天気:晴れ 気温29℃
距離:1.6km
出走:75名 完走:74名

初めて 開催されるここ山口県でのJPT。出場メンバーは畑中勇介、平井栄一、ジョン・アベラストゥリ、住吉宏太、今井裕太の5選手で臨みました。

YAMA_D1-01

Two in oneの最初は山口県庁敷地内を走る全長1.6㎞のタイムトライアルレースです。最初の出走選手は今井裕太選手。今年JPTレースで本人的に納得した結果が残せていないですが、この短いトリッキーなコースでは僅差で大きく順位が変わるはずです。

今井は、2分23秒154で暫定トップに!まだ各チームの有力選手が出場していないとは言え会場が一時ざわつきました!その後に出走した平井選手はベストタイムを叩き出したものの、フライングを取られてペナルティで2秒加算されてしまい、2分23秒933。住吉選手は、2分23秒304。畑中選手は苦手意識を抱えてスタートしましたが、2分22秒199とこの時に3番手の順位に付けていました。

YAMA_D1-02YAMA_D1-03YAMA_D1-04 YAMA_D1-05YAMA_D1-06 YAMA_D1-07最後はスプリント力で他を寄せ付けないパワーを発揮するジョンがチームの期待を背負ってスタートしました。順調に速いペースでトップタイム更新出来るかと思われたのですが、残念ながらタイトな最終コーナーで落車してしまいDNFとなってしまいました。

優勝はネイルプライドのヴァラド・ジェゾン選手。チームでは畑中選手の5位を最高に6位に今井、7位に住吉、9位に平井という結果でした。

YAMA_D1-08

「JPT第15戦 第1回維新やまぐちクリテリウム」

期日:2016年8月28日(日)
会場:山口県山口市パークロード~山口市役所特設周回コース
天気:雨 気温25℃
距離:1周1.3km×28周=36.4km(決勝)
出走:74名 完走:11名

日曜日のクリテリウムは、山口県山口市役所周辺の一般道路に設けた1.3㎞のコースを30周の予定でスタートしましたが、強い雨と時より吹く強風で走行が難しい状況でした。

YAMA_D2-01 YAMA_D2-02 YAMA_D2-03 YAMA_D2-04

決勝レースはオンタイムの14:20にスタートしました。早速人数的に有利な宇都宮ブリッツェンの選手が集団をコントロールしながら速いペースで走ります。畑中、平井、住吉の3選手はブリッツェンの攻撃を避けるために集団の先頭を全力で引きます。

集団は積極的にペースを上げて1ラップ毎に多くの選手が足切りとなり、スタートした74人から最後は11人までになってしまいました。途中、鳴り始めた雷の影響で周回数が2周短縮され28周での決着となります。最後は7人のスプリントになりましたが畑中選手が優勝争いに絡むものの届かず5位。続いて住吉選手が6位。アシストに徹した平井選手、今井選手がDNF。ジョン・アベラストゥリ選手は前日の落車の影響から決勝の出走を取りやめました。

YAMA_D2-05 YAMA_D2-06 YAMA_D2-07 YAMA_D2-08