GARNEAU AMBASSADOR・眞舩孝道さんの活動レポート

GARNEAUブランドのバイクやウェアを駆使してレースなどで活躍、その魅力を発信するGARNEAU JAPANアンバサダー。その一人、『マウンテンプレーヤー』眞舩孝道さんからのレポートです。去る8月10日に、太陽が沈むまでに70kmのトレイルを走破するという「1day 安達太良連峰トレイルFKT」(http://www.mtsn.jp/sp/news_article.php?id=825)というチャレンジを成功させた眞舩さん。その後、回復とトレーニングを兼ねて磐梯山周辺で行った合宿の様子を綴ったブログから、バイクライド部分の抜粋をお送りします。


『バンダイ×磐梯山×裏磐梯☆合宿』

大きなチャレンジを成功させ、少しホッとしているところですが、秋に向けて、カラダとココロをチューニングしながら、継続したトレーニングを積み上げていきます。

*チャレンジ概要*

テーマは、バリエーション豊かに☆
走る( Running )だけが、トレーニングじゃない。

mafu&kako合同トレーニング in 裏磐梯☆
先月末にイタリアで開催された、スカイランニング世界選手権ユース日本代表のKako選手。現在彼女のトレーニング指導、マウンテンライフのアドバイスをしていますが、私の大切なトレーニングパートナーでもあります。今日は“山の疲労は、山で落とせ”をコンセプトのもと、トレーニング開始です。

先日の『1Dayチャレンジ安達太良連峰FKT』では、チームmafuのマネージャーとしても、同行し、各登山口のセクションでは、トレーニングも兼ねてともに激走。その興奮が覚めやらぬ状態ですが、2人とも次の目標にシフトです。今日は、スピードは緩いんだけど、1日動く。楽しく動く!山を大満喫しながら、疲労物質を散らす作戦です。

第一部トレーニングは、約21km 5時間!スーパーファストトレッキング!
ラビスパ裏磐梯~雄国山~雄国沼~猫石~林道~金沢峠~雄国山~ラビスパ裏磐梯。

楽しくなければ、続きません。トレーニングは、自身との闘いでもあり、心の葛藤もあり、時に厳しい場面もありますが、たまには遊び心いっぱいのトレーニングも、ココロを豊かにしてくれます♪

そして!第二部トレーニングは、桧原湖一周バイク。約40km:2時間。
ラビスパ裏磐梯~桧原湖一周バイクトレーニング!走るだけがトレーニングではない。
バイクトレーニングを盛り込むことは、ランニングより、関節にかかる負荷は少なく、膝などへのケガのリスクを軽減させながら、継続したトレーニングを続けることができますね。

160901am01

トレイルランナーだから、スカイランナーだからと言って、ランニングに限定することなく、複数の運動を組み合わせて行って鍛えることを「クロストレーニング」と呼びます。

いつもとは違った刺激。
筋肉や骨への刺激、五感に刺激を加えることは、長く競技を続けるうえでのメリットはもちろんのこと、トータルでの総合運動能力の向上に役立つと言われています。
そんなトレーニングノウハウをKakoに伝授☆

▼supported by▼
*Bike::TAOKAS
*Helmet&WEAR::GARNEAU

Funky Monkey TRAILs !  そんな時間でした。秋が楽しみだ!パワーアップしてます☆

 

眞舩孝道さんの活動について詳しくはブログ『山と魂』でご覧いただけます。

http://ameblo.jp/555mafu555/day-20160817.html