【京都産業大学】全日本学生選手権チーム・個人タイムトライアル大会レースレポート

5月28日(土)・29日(日)の2日間に分けて「第55回 全日本学生選手権チーム・ロード・タイムトライアル大会」と「全日本学生選手権 第28回全日本学生個人ロードTT自転車競技大会」が埼玉県加須市で行われました。

<<第55回 全日本学生選手権チーム・ロード・タイムトライアル大会>>

メンバー:安田京介 樋口峻明 中井唯晶 松下綾馬
結果:2位 1時間19分43秒43 +1分17秒66 Ave.47.56km/h

ツールド北海道の出場権を決める大会の一つであるチームロードに上記の4名で出場しました。

3月に行った沖縄合宿にもTTバイクを持ち込んで練習し、バンクを使わせていただいての練習も行いました。練習時はAve.49km/h越えて走っていたこともあり準備は万端でした。不安材料としては中井がTeam Ukyoの遠征でインドネシアから帰ってすぐということと、松下の実力が他の3人と比べて劣っていることがありました。もし、何かあったときは、半周くらい固定牽きする覚悟で臨みました。

当日の天気は曇りでしたが気温は度高く、暑さを気にして安田のみノーマルヘルメットを選択します。作戦はペースメイクを自分が行い、安田、中井はペースを維持し、松下は最後の半周までは必ず残れるようにローテーションを回ることを指示。走順は樋口、中井、安田、松下です。

TTのスタート時は無駄に緊張してしまうことが多かったですが、今回は程よい緊張感でスタートラインに並べました。スタートしてしっかりとスピードを上げてからローテーションを開始します。しかし、開始数分で中井が付き位置になり、3人でローテーションします。監督からは前半突っ込んだほうがいいとアドバイスを頂いたので、スピードはむしろ上げるぐらいで走りました。中井が回復しローテーションに加わると、今度は松下が付き位置に…。自分、安田ともう一人の3人で回す状況が続きす。程なくして、1分前にスタートした早稲田大が見えてきて追い抜き、1回目の折り返しをこなします。折り返しは全て自分が先頭で入ることにしており、後ろが付いていることを確認し、再びスピードを上げてからローテーションします。

この辺りから他の3人に疲労が見え始めたため、長めに牽くよう心がけます。自分がペースを上げ、他の3人が少しずつ落とすという感じになっていたので、少しペースを抑えて長めに牽きますが、そこからもペースが落ちてしまったので元のペースに戻しました。

スタート地点に戻ってきたときに、監督からトップの鹿屋大学との差が15秒と伝えられ、テンションが上がります。気持ち的に楽になったので、2度目の折り返し後、さらにペースを上げようとしました。しかし、足並みが揃わずペースが安定しません。その後はきつかったためあまり覚えていませんが、最後の復路で中井が千切れ、樋口、松下、安田でゴールしました。この時点で2位が確定し、優勝を逃してしまいました。

“たられば”を言えばキリがありませんが、全員が力を出し切った結果です。特に、実力的に劣っていて練習でも千切れていた松下が、途中で牽ききって千切れたいと言いながらも最後まで走ってくれたことはとても助かりました。この結果を受け止め、また来年のチームロードに向けて準備していきたいと思います。

今回の結果でツールド北海道の選考順位が2位となり、ある程度有利に進められています。個人戦でしっかり走り、北海道に出場できるよう頑張ります。最後になりましたが、サポートに来てくださった秋田監督、マネージャー、選手、バンクで練習する機会を与えてくださった山岸コーチ、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

<<全日本学生選手権 第28回全日本学生個人ロードTT自転車競技大会>>

結果:4位  41分23秒034  +40秒687 Ave.44.66km/h

前日のチームTTと同じコースで1周の個人TTが行われました。実家が近かったので、1度帰って母にマッサージしてもらい脚に疲労感は感じずに会場入りします。アップは前日に追い込んだことと、気温が高いことを考え、試走等はせずにローラーで少しインターバルを入れながら行いました。スタート時間は、昨年出てなかったこともあってか、11時8分30秒とかなり最初の方で確実に暫定トップタイムは出せるので、あまり緊張しませんでした。しかし金曜日から内臓の調子が悪く、胃液が込み上げてきて吐きそうでしたが無事にスタート。

一気にスピードを上げて想定のペースで走ろうとしますが、前日の疲労からか、心拍が上がりきってしまい落ち着かせようとしてもなにも変わらず、予定より20wくらい低い出力で折り返し地点を通過しました。半周の通過タイムは手元で約19分。復路は向かい風気味なので、現実的に可能な43km/h程度を維持できれば41分くらいでゴールできると計算し、パワーは見ずにスピードでペースコントロールしました。ずっとシッティングのため、尿道が圧迫され徐々に痛みが増してきました。多少のアップダウンがあり、平均スピードが40km/hを割り込みそうな緩い登りでは、ダンシングでスピードを上げるとともに、痛みを緩和させながら走ります。使う筋肉が偏っていたため、空力は悪いですがもっとダンシングを多用しても良かったかなと思います。最後は少しペースを上げゴール。手元で41分18秒でした。もちろん暫定トップは更新し、後半スタートの選手のゴールを待ちます。

個人的にタイムの指標になると思っていた鹿屋大学の徳田選手にも更新されず優勝できるのではないかと、ソワソワしていましたが、結果的に最後の3人にタイムを更新され4位という結果になりました。

優勝を狙っていたので非常に悔しいですが、これが今の実力なので全日本まで改善点を直していきます。応援ありがとうございました。

3回生 樋口

tt-02 tt-03 tt-04 tt-05 tt-01