【京都産業大学】全日本自転車選手権トラックレース

4月18日に静岡県・日本サイクルスポーツセンター(伊豆ベロドローム)で開催された、全日本自転車選手権トラックレースに参加しました。

マディソン競技に樋口が、僕はポイントレースとマディソンに出場しました。

一週間前に行われたトラックシリーズ戦では調子の良さを感じていたので、自信を持って挑みます。しかし、ポイントレースでは全く自分のしたいレースは出来ず他の選手に圧倒され続けてしまいました。敗因は簡潔に言えば詰めの甘さだと思っています。ちょっとした事の積み重ねで結果は大きく変わります。そのレースに対する気持ちの度合いがレースの結果を左右します。そういった面で気合を十分に入れて挑んだつもりになっていたのだと思います。

気持ちを切り替えて挑んだマディソンでも思うようなレースは出来ませんでしたが、スプリントの場面では意地で5点を競り取ったのは良かった点でした。その位しか今回のレースで良かったところは無いです。

次のトラックレースは学生選手権トラックです。勝負は今から始まっていると思います。常に良いイメージのレースを思い描いて、出来ることは後回しにせず今やる。競技人生にも限りが有ります。良い結果を出して競技を終えるのか不甲斐ないまま終えるのか、すべて自分次第です。

3年生 安田

京都産業大学体育会自転車競技部も参戦する日本学生自転車競技連盟のレースに関する情報は日本学生自転車競技連盟のHPでチェックできるので、是非ご覧ください。http://jicf.info/

写真提供:Photo by F.Fukai

006A3372 006A1590 006A1610 006A1660 006A1727 006A1792 006A1964 006A1967 006A1984 006A2087 006A2136 006A3269 006A3270 006A3303 006A3304 006A3305 006A3306