【京都産業大学】第36回西日本学生選手権トラック自転車競技大会レポート

5月7日、8日に大阪府岸和田競輪場で行われた、第36回西日本学生選手権トラック自転車競技大会に参加しました。

まず1日目は、普及1kmTTに出場しました。1kmを走るのは久しぶりだったので、高校生のときの自己ベストの1分12秒後半を目指し、少し目標を低くして臨みました。結果は1分11秒6と自己ベストを約1秒縮めるタイムとなりました。

2日目にはポイントレースに出場しました。この大会のポイントレースは京産大が2年連続で優勝しているので、3連覇をできるように優勝目指して臨みました。

メンバーを見ると全国で活躍している選手もいるので、その人たちをマークしつつ、前半はポイントにあまり絡まず後半からポイントを重ねていくという作戦を考えます。

レース序盤は集団中盤で中切れに注意しながら他の選手の動きを見て走っていました。集団から逃げようとする人もいないので、ポイント周回はスプリントが続きます。

レース中盤になってから集団も落ち着いたので、逃げが決まるようになり、そこからは積極的にアタックを仕掛けました。逃げている中でもスプリント勝負になりましたが、後半も逃げていたかったのでスプリントにはあまり参加せずにいました。徐々にポイントが重なっていきますが、終盤に集団に捕まってしまい、すこし焦ってしまいましたが、チャンスをうかがい集団から抜け出しました。

最後のポイント周回は朝日大学の選手が1人に逃げを許してしまい、追い上げましたが追いつかず2位となってしまいました。

今回の大会は結果としては悔しい結果となってしまいましたが、内容としては、なかなかいい大会だったと思います。バンク練習がなかなかできていない中で先輩方が団抜きで4分29秒を出しており、チーム全体もとても強くなってきているので、僕も遅れをとらないようにシーズンを戦っていきたいと思います。

1回生 藤田

0507-002 0507-003 0507-004 0507-005 0507-006 0507-007 0507-008 0507-009 0507-001