【京都産業大学】全日本学生選手権クリテリウム大会2016 レースレポート

4月29日に滋賀県東近江市のふれあい公園で、全日本学生クリテリウムが開催され、京都産業大学からはクラス3に3回生から佐藤大我、2回生から山田康太、松下綾馬、1回生から藤田俊輔の計4名が参戦。

コースは、平坦で2㎞の周回を12周回する直線が長いコースです。この日は、かなり風が強く体が震えるほどの寒さ。防寒着を着て体が温まるまでアップをしてレースに挑みました。

50人ほどの出場者の中から2名だけがクラス2に昇格できるので、少し不安な気持ちがありましたが、レースが始まるとすぐに気持ちを切り替えることができ、冷静に考えて走ることができました。

慌てて前に出ずに後ろで1周、まずは様子を見ます。すぐに集団が2つに分裂したので足を使わない事を心がけ前の集団にいきます。その後は、風が強いことがあり、集団のペースが上がらず集団の中で走りました。

先頭になった時に、明星大学の選手が逃げていたので追い付こうと思い、ペースを上げて追い付くと集団と少し間が開きました。2人で逃げていても、後方の集団が追いかけてくる気配がなかったので、少し速度を上げ一定のペースで足が疲れないように走ります。

その後は中京大学の選手が1人で追いつき3人となり、残り9周ほど残っていたので不安だったので、追いつかれても大丈夫なように足を残して走ります。

残り7周目には40秒ほどの差が開き、逃げきれると思い始めました。後ろの集団で同じチームの山田と藤田が、逃げを潰して集団を抑えてくれたおかげで追走してくる選手もいません。自分は、ゴールスプリントが苦手なので確実に、クラス2に昇格する為に集団を2人にしたかったので、先輩に聞いたアドバイスを参考にして、5周目で横風が強い所を利用してアタックをかけ人数を減らします。

残り3周目からは1人になり、全力で踏み続けました。独走になると、たくさんの人が応援をしてくださり、最後までペースを落とさずに走りきることでき、1位でゴールする事ができました。

沖縄合宿での練習の成果が出て、クラス2に昇格できホッとしました。これからは、上のカテゴリーでも、今回のレースのような逃げる走りができるよう練習に励んでいきたいです。

1回生 松下綾馬

0429-1 0429-2 0429-3 0429-4 0429-5 0429-6 0429-7 0429-8