> About 3T
 
 

3Tは1961年にMario Dedioniggiにより設立された。設立されたトリノ市から名前を取ってTecnologia del Tubo Torinese(Turin Tube Technology/トリノチューブテクノロジー)と呼ばれた。

Dedioniggiは有能な技術者で、鋼管を操作して曲げる技術があり、Ambrosioで雇われていた。そこで彼が自転車レースにおいて望まれていたハンドルバーとステムを作成することを学び、1950年代のサイクルスポーツには最高品質の機材の要求が求められ、Dedioniggiはそこにチャンスを見つけた。
Ambrosioで10年間働いた後、一人で商売を始めるため会社を出た。 新しい会社はトリノに3部屋の倉庫と1人の従業員、鋼管を曲げる機械があった。Dedioniggiは、ハンドルバーやステム、シートポストなど自転車の重要なパーツをアルミ合金で軽くすることができる事に気付き、それまで自転車パーツはスチールで作られていたがアルミ合金に切り換えるという重要な決定を行った。新しい形状と新しい合金を使いイタリアのエリートレーサーたちと数々のテストを行い、様々な製品を作り出した。

3Tが1970年に新しいアルミ(AL-7075)で作ったスキー用のストックは、ヨーロッパ全体にわたってベストセラーになった。
3Tの革のサドルは、アルミニウムベースで、軽量と高品質で有名でした。

 
 
 

その後3Tを有名にしたのはハンドルバーだった。
Dedioniggiの考えは簡単で優れている。

世界初のErgalバー(240g Superleggero)は1975年に登場し、30年以上たった今でも賞賛されている。

1984年にはフランチェスコ・モゼールのために、今では常識となったブルホーンバーで最初のタイムトライアルバーを作り51.151km(31.784マイル)のアワーレコードを記録するのに使われた。

 

Dedioniggiは今は会社にはいない。
しかし、彼の後継者がどんどん3Tの製品をアルミで美しく造り続け、1999年にミュータントレーシングステムにて自転車ステムとしては初のインターナショナル賞を受賞。

3Tのパッケージもグラフィックデザインも独創性と優雅について賞賛されている。特に5年間の製品保証でその名はさらに有名となった。

3Tはロード、トラック、トライアスロンレースにおける勝利と素晴らしいデザインのために永久的に名前が続く。

 
 
Copyright © AKI CORPORATION Ltd. All Rights Reserved.